header

ICカードQ&A


技術関連 > カード > カードリーダーと非接触ICカードとの距離を長くしたい
         
 

当社ではスペイン製のホテルカードキーシステムを輸入販売しておりますが、JIS1型磁気カード、GEMPLUS接触ICカードに加え、ISOBタイプの非接触ICカードの使用を開始しました。

某ホテルからの問い合わせで、カードリーダーと非接触ICカードとの距離を長くしたいとの問い合わせがありました。要するに、カードを持った人が近づくだけでドアが開くというのが理想です。
現状の仕様では読み取り距離は1センチ程度ですが、1mくらいに伸ばしたいと思います。

スペインのメーカー側は、このような製品はないとのことですが、国内で開発できないかと考えております。

ISOのBタイプを1m以上の距離で読取させている事例はありますでしょうか?


 

非接触近接型(proximity)ISO/IEC 14443 Type Bの通信距離は10cm以下です。
殆どのアプリケーションではリーダ/ライタにタッチしています。
1mくらいでアクセスするカードは、近傍型(Vicinity)(ISO/IEC 15693)のカードで、リードオンリーで70cm位の通信距離を目標にしています。

近付くだけで開くのはあまり好ましくないと考えられ、製品化の例は聞きません。
タッチするという行為が、カード保有者が入室したいという意思表示になるという考えが主流で、近接型の利用、製品化が多いようです。



閉じる