header

ICカードQ&A


技術関連 > カード > マイフェアカードの試験について
         
 

マイフェアカードの試験について
13.56MHz近接型ICカードタイプA(マイフェアカード)のある特定のカードが特定のリーダーに対してのみ非常に反応が悪い(10回程度かざして1回読むか読まないか)。そのカードは、他のリーダに対しては正常に反応し、また、そのリーダは、他のカードに対し正常に反応します。この原因究明をする必要に迫られております。こういったカードの評価試験を行ってもらえる所があれば紹介していただけないでしょうか。


 

リーダとカードの互換性の問題と思われますが、現象から推察して、特定のリーダに原因があると思われます。カードは、1チップとアンテナで構成されているので、製品の性能のばらつきは非常に少ないです。
リーダは、制御ロジック部は、LSIを使用していますが、アンテナとの整合回路などは、デスクリート部品で構成されています。このため、性能のばらつきは、部品パラメータや製造上の不具合によります。
カードの評価試験を公開で行っているところは、存じ上げませんが、リーダメーカに依頼するか、手持ちのリーダとカードで定量的に試験してみてはいかがでしょうか。
非接触ICカードの動作範囲は、リーダとカードの距離に大きく関係します。特定のリーダと良いと思われるリーダで、特定のカードとその他のカードの組み合わせ(4通り)でリーダとカードの間に数種(密着=0、20mm、40mm・・・)のスペーサ(非金属)を挟んで、動作(GO,NG)をテストしてみてください。
一般に、動作範囲の広いほうが、余裕をもって安定に動作すると考えられます。
なお、この試験は、伝送電力や変調に関するアナログ的なハードウエア動作に関するものです。論理データの解釈違いによる不具合はテストできませんが、質問の現象(10回程度かざして1回読むか読まないか)から判断して、ソフトウエア的な問題は、ないでしょう。



閉じる