header

ICカードQ&A


技術関連 > カード > 接触型と非接触型でのセキュリティの違い
         
 

住基カードにICカードが採用されているのは周知の事実ですが、接触型と非接触型とでは、通信手段が、端子との直接接触と内臓アンテナからの電波による通信と異なりますが接触型と非接触型でのセキュリティの違い
@その通信時におけるセキュリティの程度差に違いがあるのか
Aもしあれば、そのレベルの違い(数値等で表された資料があるか)
Bそれ以外にも、もしセキュリティの違いがあればその点


 

住基カードは非接触−近接型タイプBを基本としていますが、実態的には接触型とのコンビネーションカードとなっています。
ICカードの通信時のデータは、暗号化されているので、キーを知らなければ解読できません。セキュリティは、システム全体で確保されるので、接触型・非接触型ICカード単体で、セキュリティに差異はありません。